シンデレラエクスプレス cm 女優 5

それは・・・2~30年前の出来事。誰もが心を鷲掴みにされた胸キュンCM作品なのです。, アラフォー、アラフィフ世代は自分が輝いていた古き良き思い出に重ね合わせ、今もユーチューブ動画を涙しながら見ている方も多いはず。, JR東海の代表的CM、クリスマスエクスプレスシリーズ全作品のご紹介。内容の詳細と私的な感想も交えて熱く語ります。, 1988年から2000年にかけて放映されたクリスマスイブ当日夜に起こった男女の美しい光景を切り取った芸術的作品。, 1988年の深津絵里さん主演の「ホームタウン・エクスプレス X’mas編」から始まり、全6作品があります。, クリスマスエクスプレスシリーズを語るうえで外せないのが挿入歌の「クリスマスイヴ」。切ない曲調と山下達郎さんの美しい歌声が作品を盛り上げてくれます。, 誰しも心を締め付けられるような切ない気持ちになるこの作品はCMというよりも短編恋愛小説といったほうがしっくりとくるかもしれません。, ホームタウン・エクスプレス X’mas編はクリスマスエクスプレスを世に知らしめた衝撃的第一作目。, 列車は彼を降ろすことなく赤いバックランプを糸を引くようにして終着駅へと旅立っていった・・・, おどけたように振舞う彼の姿を見て安堵したと同時に素的なしぐさでライトに憤りをぶつける小悪魔チックな彼女。, 新幹線から降りてくる恋人をホームで待つ女の子。しかし、新幹線から降りてくる人混みが切れても彼の姿は見えない。強がりながらも涙ぐむ彼女の前に、ホームの柱の陰から恋人がムーンウォークをしながらブレイクダンスをして現れ、じゃれ合う2人を描くというストーリー。, 主人公の女性については、三浦は元々「20代の普通のお嬢さん」のイメージで設定していたが、早川は「(主人公と同世代が見たときに)“私のスタイルとは違う”と見方がシビアになる(=視聴者が感情移入できなくなる)こと」を懸念して、あえて「ホームにたたずむ、目いっぱいのおしゃれしている、どこか気の強そうで、ちょっぴり遊び人風の、いわゆる清純そのものではない17歳の女の子」に設定しなおし、視聴者が「かつて私もああいうことがあったかもしれない」と幻想を抱いてくれることを期待したという。, 撮影は11月の深夜に行われ、大部分を名古屋駅14番ホームで、列車の発着シーンのみ16番ホームで、乗客が新幹線から降りてくる場面を岐阜羽島駅で行った。東京駅で撮影を行わなかったのは、企画担当の和田光弘曰く「東京より名古屋の方が人が引けるのが早いから」だという。, 主人公の女性には、当時15歳の深津絵里(高原里絵)を起用。撮影当日、深津は高熱を出しながらも撮影に臨んだため、化粧を厚めにしている。ムーンウォークを踊る男性にジャニーズJr.出身の23歳の武口明、それ以外の相手役を19歳の鶴田史郎が担当。, 主演は深津絵里さん。2019年現在の目から見ると、服装や化粧にはかなり違和感がありますが、当時はとてもおしゃれに見えたものです。顔全体白粉バッチリ!、真っ赤な口紅、大きなイアリングとかなり王道をいっています。ハウスマヌカン風(完全に死語)のファッションも素敵です。, 当時はボディコン好きだった私にとって好みのタイプとは言えませんでしたが、まぁいい感じは出てますね。, ムーンウオークとブレイクダンスで登場する彼はとてもお洒落に見えました。この時すでにマイケルジャクソンやブレイクダンスは世に浸透しており、誰でも違和感なく見れる内容になっていたと記憶しております。, 補足ですが本記事作成の段階でいろいろと情報収集をしていたら、この彼氏の近況がニュース記事になっていました。, 名作CM「クリスマス・エクスプレス」でキレキレの動きを披露していたアノ人に会ってきた!, 前年度、深津絵里さんの第一作品に感動した当時の最先端をいく私のようなカッコいい?若者たちからは「今年のクリスマスエクスプレスはどぉなの?」なんていう会話がちらほらと出始めました。, JR東海さんも反響はしっかりと理解しているはず。今年もやる!が既定路線になっていた当時の世の中で、前年度作品のインパクトがありすぎてハードルはブブカでも越えられないような高さまで上がってしまったと記憶しております。, 内容は前年度と基本コンセプトは同じながら、牧瀬さんの元気いっぱいの姿がまた違った感動を呼びました。, 1989年に「クリスマス・エクスプレス」として制作された第1作。彼女がクリスマスイブに故郷に帰ってくる彼の到着時間に遅れまいと、駅の改札口まで走り、改札口の彼を見つけると柱の陰で待ち伏せるというストーリー。当初は「ホームに着いたらちょうど間に合った」というストーリーだったが、別のCMで同じようなシーンが放送されていたことから、直前でラストの描き方を変更したという。「柱の陰で待ち伏せる」というのは早川自身の実体験が元になっているという。彼女役には、当時17歳の牧瀬里穂、彼氏役には長澤幸男。撮影場所は、名古屋駅構内(桜通口及び中央コンコース[注 4])。最後に息をはずませるシーンは、駅構内を何回も走り息をはずませてから撮影した。キャッチフレーズは「ジングルベルを鳴らすのは帰ってくるあなたです」。60秒バージョンがACC CMフェスティバルのグランプリを獲得している。, 反響が大きかった牧瀬里穂さんバージョンには後にはパロディ版も登場して話題となりました。, リメイク?パロディーバージョンとはいえ今見てみるとすごく古く感じますよね。牧瀬里穂さんが普通に若い!, 自動改札が当たり前の2018年現在、出口に駅員さんが立っている光景はまず見ませんからね。, 「キセル乗車」自体もほぼ死語にになっていて今の若い人には意味不明かも!?ギャル風JKの娘に聞いたけど「知らない」と冷たく言い放たれて・・・, 内容は前2作品とは切り口が違います。本題の中に新幹線は登場せず、彼氏はほんの一瞬でしかも一部分しか登場しないため「クリスマスエクスプレス感」がちょっと足りないかなぁと個人的には思いますが、すっきりとまとまっていてとても見やすい内容になっています。, この時代、携帯電話がほとんど普及しておらず、もちろんlineやメールもないために成立しているお話。このときはある意味よかったなぁ、と回顧しながら改めて見てみました。若い方にはピンとこない内容かもしれません。, 彼女が、クリスマスイブの日、彼に公衆電話から固定電話へ掛けるも連絡がとれず、街中を一人歩いて自宅へ帰ると、玄関のドアに絆創膏で貼られた彼からの伝言があり、待ち合わせ場所に行くというストーリー。携帯電話がまだ一般に普及していなかった当時の恋愛模様を象徴している。周囲から制作サイドへの期待とプレッシャーもあって、前2作が「日常」に近いストーリーであったのに対し、ストーリーの軸を「もう会えないかもしれない」というシチュエーションに置くことになり、物語の背景から登場人物の設定まで細かく作り込んだものとなったことで、より「恋愛ドラマ的」なものに仕上がったという。彼女役には、前作よりも少し大人の女性としてRINA(高橋リナ・高橋理奈)を起用。撮影場所は東京都港区。公道を借りた深夜のロケで、ホースで路面全体を濡らして撮影した。キャッチフレーズは「どうしてもあなたに会いたい夜があります」。, クリスマスイヴの夜、駅構内で彼氏を待つというシンプルな設定ながら、周りを行き交う人、待ち合わせの人などの人間模様がキレイに映し出されている今までにはないコンセプトの作品。, 脇役のおじいちゃん、彼氏・彼女などがみんな上品でカッコよすぎるため、臨場感に欠けるのはちょっとひっかかりますが、これはこれでよし!という感じです。, 1991年放映の第3作。本作では、これまでX’masであった表記をXmasに改めている。彼女が、クリスマスイブの日、彼を新幹線の改札口で待つストーリー。彼女役には溝渕美保を起用。撮影場所は最後に映る新幹線のみ名古屋駅で、あとはスタジオのセットで撮影した。柔らかい絵を作るために、光量を落とし、ドライアイスをたいて撮影した。大きなクリスマスツリーは、山形県で伐採したもみの木を使用。キャッチフレーズは「あなたが会いたい人も、きっとあなたに会いたい」。, コンセプトが第一作目、二作目に似ており、視聴者の求める形に戻った感じを受ける作品。, 吉本多香美さんのしぐさや表情に注目。こんなにかわいい人がわざわざ新幹線に乗ってまで会いに行きたい彼氏とはどんな男(ヤロー)なのだろうと余計な想像が働いてしまいます。, 1992年に制作された第4作。このCMを最後に本シリーズはいったん休止となる。彼女が、クリスマスイブの日、新幹線に乗って彼に会いに行くストーリー。彼女役には吉本多香美を起用。撮影場所は名古屋駅。山下達郎もカメオ出演している。なお、吉本のセリフは富田靖子が吹き替えしている。シリーズで唯一新幹線に乗車するシーンがある為、新幹線の走行シーンが2回ほど登場する。キャッチフレーズは「会えなかった時間を今夜取り戻したいのです」。, シリーズ中のレジェンド、深津絵里さん、牧瀬里穂さんが星野真里さんを見つめながら自身の経験を重ね合わせて回顧するという不思議な内容になっています。, 2000年制作。1992年を最後に一旦終了した本シリーズであったが、20世紀最後に8年ぶりに制作された。クリスマスエクスプレスのロゴは「2000」の0の部分がXになっている。彼女役には星野真里を起用。本作では予告編も作成されている(15秒バージョン×2話)。なお、予告編はCM本編とはつながりはない(星野真里も登場しない)。彼女がクリスマスイブの日、携帯電話で彼から連絡があるが、仕事で会えないとの返事。それなら今すぐ行くからと、自分から彼に逢いに東海道新幹線に乗って行くストーリー。撮影場所は名古屋駅とスタジオセット。ホームタウン・エクスプレス X’mas編の深津絵里と、X’mas EXPRESS’89編の牧瀬里穂が、主人公を見守る妖精役(?)として出演し、ナレーションも2人が担当している。キャッチフレーズは「何世紀になっても会おうね」。, クリスマスエクスプレスシリーズの全編で欠かせないのが山下達郎の名曲「クリスマスイヴ」。今では誰もが知っている国民的クリスマスソングですが、この曲の発売当初は一部のコアな達郎ファン以外にはあまり注目されていませんでした。, クリスマスエクスプレスシリーズの第一作目は深津絵里さんの「ホームタウン・エクスプレス X’mas編」。本作品は1988年に放映されたもの。このCMに合わせて作られた曲だと思われている方も少なくありませんが実際は違います。, 達郎さんの名曲「クリスマスイヴ」は1983年6月の発売。メロディーズというアルバムのB面最終曲として収録されています。CM放映の5年前ということになります。, 当時の達郎ファンならば誰しも感じたことと思いますが、どのアルバムも全編にわたり「夏」をイメージする曲がほとんどの中、B面最後に登場する「クリスマスイヴ」だけは不自然な冬の曲。違和感はあったものの曲自体のクオリティは非常に高く、達郎ファンからはかなりの高評価を得ていました。, 一連のクリスマスエクスプレスシリーズや京都旅行のCMは多くの方の記憶に残っていると思いますが、もう一つ私が最も好きなJR東海さんのCMをご紹介していきます。, さんざんご紹介してきたクリスマスエクスプレスシリーズよりもこちらのほうがグッときますよ!, 今もお綺麗な横山めぐみさんですが、おじさんの私が見るにこの時のあなたが一番輝いて見えました。, 世の中に綺麗な人はゴマンといますが、この時の横山さんは「ポテンシャルの違い」「格の違い」を見せつけてくれましたね。化粧や着飾った見た目だけの綺麗さではなく内面から湧き上がってくる女性としての奥ゆかしさというか・・・うまく表現できません。こんな人最近見たことないなぁ・・・って俺、、騙されてる!?, ちなみに我が女房は当時の横山さんのダウングレード版といった感じです。(少し自慢が入ってます。。), キャッチーなコピーも秀逸!2~3回見たら横山さんが頭から離れなくなってきてしまったぁ。きょう一日、仕事にならない・・・, こういうのが当時は結構話題になったものです。ユーチューブをよく見ている若い世代の方からするとお父さんお母さんもしくはそれ以上の世代になってくるかもしれませんね。, 同世代のかつての仲間と酒を酌み交わしながら昔話に花を咲かせると「クリスマスエクスプレス」の話がたまに出てきます。, 新しいバージョンを熱望する方のコメントをネット上で複数見かけますが、もう無理なんです。, 通信手段が発達していないためのもどかしさこそがこのシリーズを盛り上げている一番の要因なのです。現代ではスマホの普及、電話やメール、lineなど瞬時に連絡が取れるインフラが整っています。スマホで一発解決してしまう世の中なんですね、今は。, だからすでに携帯が普及していた2000年に放映された最後のバージョンは盛り上がりに欠けるのです。, このシリーズを見ていると携帯電話なんて要らないかもしれないと思ってしまうほど・・・, クリスマスエクスプレス全盛時の昔のよき思い出を回顧しながら、大好きな横山めぐみさんとこのようなシーンに浸りたいと妄想にふけるアラフィフおやじなのでした。.

シンデレラ・エクスプレス とは、東海旅客鉄道(jr東海)が1987年と1992年に展開していた東海道新幹線のテレビcmである。 制作は電通・tyo. シンデレラ・エクスプレスとは、東海旅客鉄道(JR東海)が1987年と1992年に展開していた東海道新幹線のテレビCMである。, 1987年夏にテレビCMとして第1作が制作された。1985年放送TBS系『日立テレビシティ』の遠距離恋愛をテーマにしたドキュメンタリー番組『シンデレラ・エクスプレス-48時間の恋人たち-』を見て当時国鉄の広報関係者が触発され製作が始まった。番組の主題歌として制作された松任谷由実の「シンデレラ・エクスプレス」(1985年リリースのアルバム『DA・DI・DA』収録曲:番組名も曲名もユーミン発案)がCMにも使われた。その後に民営化されたJR東海の初めてのテレビCMとして放送された。東京発新大阪行き最終列車「ひかり289号」(当時)の出発時刻である21時ちょうどを童話のシンデレラで主人公が舞踏会に行くための魔法の解ける午前0時に見立て(新幹線の営業運行も0時で終了するようダイヤが組まれている)、離れ離れに暮らす恋人たちが週末に出会い、再び別れていく日曜日の夜の新幹線ホームで繰り広げる恋のドラマをモチーフとした。, 撮影は、列車運行が終了した深夜の東京駅ホームを使い、100系電車を数回往復させて行われた。ホームには一部布が敷かれ、スモークも発生させるなど、大掛かりな撮影となった。, 実際に各車両の出入口毎に1組のカップルという状況も見られた、恋人たちが新幹線で週末に相手のもとに会いに行き、最終の新幹線のホームで別れを惜しむ姿[注 1]が、このCMが放送されると各メディアで注目されるようになった。JR東海も、該当列車となるひかり289号に当時最新型であった100系を優先的に充当させる[注 2]などして、これに応じた。, 1992年に東京発新大阪行き最終が21:18発「のぞみ303号」(当時)に変わったことをうけ、第2作目が5年ぶりに作成された。このバージョンではのぞみに用いられた300系が用いられている(一連のエクスプレスシリーズCMで唯一の登場)。, このCMの好評を受け、JR東海は東海道新幹線をモチーフとした一連の「エクスプレス」シリーズを制作。本作の後「アリスのエクスプレス」「プレイバック・エクスプレス」「ハックルベリー・エクスプレス」「ホームタウン・エクスプレス」「クリスマス・エクスプレス」「ファイト・エクスプレス」「リニア・エクスプレス」と続いたが、1992年にシリーズを終了している(2000年に「クリスマス・エクスプレス2000」で1年限りの復活を果たしている)。, このCMは、国鉄分割民営化により誕生したJR東海の最初の企業広告として、競合プレゼンテーションにより電通の三浦武彦らが提案した案が採用されたものであった[1]。三浦は「新幹線は(人と人が出会う、町と町を結ぶ)コミュニケーションメディアである」というコンセプトを掲げ、このコンセプトを元に、当時の日曜午後9時東京発の最終「ひかり」をモチーフとした遠距離恋愛物語のシナリオを描いたものであった[1]。このメインコンセプトは、以後の「エクスプレス」シリーズのCMにも貫かれているという[2]。, このシナリオのきっかけとなったのは、1985年に『日立テレビシティ』(TBS)で放送されたドキュメンタリー『シンデレラ・エクスプレス-48時間の恋人たち-』である[3]。これは複数のCMディレクターにより制作されたオムニバス形式のドキュメンタリーで、東京発最終列車「ひかり313号」を舞台に、遠距離恋愛のカップルが東京での週末を過ごす様子と、東京駅での別れの場面を撮影したものであった。この番組を、当時の国鉄経営企画室の人物が偶然見ており、「ああいう感じのCMをつくりたい」と話したことで、前述のようなシナリオにつながったという[3]。, このときのドキュメンタリーの制作を担当したCMディレクターの一人に、松任谷由実の舞台演出が手がけていた黒田明がいた縁で、松任谷に番組オリジナルの楽曲の制作を依頼し、CMでも用いられた「シンデレラ・エクスプレス」が誕生している(「シンデレラ・エクスプレス」のネーミングも松任谷の発案によるものであるという[2])。またこのときには、わたせせいぞうの漫画『ハートカクテル』とのコラボレーション企画(いわゆるメディアミックス)も実現させており[2]、日本テレビ系のテレビアニメ版でも放送された。, このCMの前年である1986年9月21日には、「東芝日曜劇場」の第1550回として『週末物語 シンデレラ・エクスプレス』(森田芳光脚本、岩城滉一・荻野目慶子主演)という単発のテレビドラマが、毎日放送の制作によりTBS系列で放送されていた。こちらも離れ離れに暮らす男女の遠距離恋愛がテーマとなっており、主題歌も同じく松任谷由実「シンデレラ・エクスプレス」を起用している(大阪を舞台としているため、新大阪発最終列車「ひかり170号」がドラマの中心となっている)[4]。, 三浦武彦・早川和良『クリスマス・エクスプレスの頃』高嶋健夫、日経BP企画、2009年。.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/65/Lock-green.svg/9px-Lock-green.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg/9px-Lock-gray-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/aa/Lock-red-alt-2.svg/9px-Lock-red-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4c/Wikisource-logo.svg/12px-Wikisource-logo.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:12px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:inherit;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration,.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 978-4-86130-374-6。, ひかり289号への100系充当は当初は日曜のみで、折りたたみ時刻表にも「シンデレラ・エクスプレス」と記載された。100系充当後は、ひかり289号の東京 - 新大阪間の所要時間が当時最速の2時間49分となった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=シンデレラ・エクスプレス_(CM)&oldid=72888939.

Relate バッグ 年齢 層 16, 共同テレビ プロデューサー 年収 4, ズーム 音量 小さい 5, 荒野 ゲリラ 衣装 5, 鶏肉 パプリカ 甘酢 クックパッド 8, 拡張 し 変換 5, Pubg 銃 一覧 8, 庭 バスケットコート 土 4, 室町時代 お金 単位 4, 広義 狭義 例 5, ズムサタ 今日 の 内容 14, 足の 人差し指 スピリチュアル 13, 5月 の開運 壁紙 2020 4, バイト辞める 電話 怖い 4, シャープ テレビ 電源 入 切 繰り返す 11, フォーン端子 変換 Usb 4, Miwa Patent 外し方 4, Zozotown 採用 天才 5, アイスボーン リーク 3 月 13, Vxu 195nbi 動画再生 5, 月虹 歌詞 考察 37, Er34 Na クラッチ 6, 医療脱毛 痛み どれくらい 4, 業務スーパー ごぼう天 炊き込みご飯 4, アウトバック Bs9 ブログ 5, ポケモン 素早さ 計算 28, ひかりtv 録画 削除できない 9, Pubgモバイル クイックチャット バグ 7, ジョイサウンド アプリ 採点 低い 4, 子供用エプロン 型紙 140 無料 18, 韓国 キャラクター うさぎ 4, 婚活 デート 3回目 告白 4, カーナビ ブルーレイ 普及 しない 7, 出生証明書 翻訳 自分で 22, ゴリラ なんj 打線 10, Book Walker Drm解除 21, Relate バッグ 年齢 層 16, 堂本剛 ファンブログ Kurumi 35, Xperia アラーム音 小さい 4, フォレスター スキー板 車内 14,