日本 秘境 なんj 4

北海道の上の方とかいうガチ秘境に住んでる奴; お前らがリステリンの紫が良いって言うから1lのやつ買ったら; なんでyoshikiはツイッターで謝っているんだ? 国「君、毎月20万円稼いでるんだって?じゃあ毎月3万ちょっと貰ってくね! 植村 直己(うえむら なおみ、1941年(昭和16年)2月12日[1][2] - 1984年(昭和59年)2月13日[注 2][2])は、日本の登山家、冒険家。兵庫県出身[2]。, 1970年に世界最高峰エベレストに日本人で初めて登頂した[注 3][6][2]。同年、世界初の五大陸最高峰登頂者となる[注 4][2]。1978年に犬ぞり単独行としては世界で初めて北極点に到達した[2]。1984年、冬期のマッキンリー(現・デナリ)に世界で初めて単独登頂[2]したが、下山中に消息不明となった[2]。, 1941年2月12日、兵庫県城崎郡国府村(現・豊岡市日高町)上郷[注 5]で、父・植村藤治郎と母・梅の7人兄弟[注 6]の末子として生まれた[9][8]。実家は農業とわら縄製造[10][11][注 7]。, 藤治郎の3代前の「植村直助」[13][14]から「直」の字を取り、干支の「巳」と合わせて「直巳」と名付けられた[15][16]が、村役場の戸籍担当職員が戸籍簿に誤って「直已」と記載(記入)したことから、戸籍名は「直已」として登録された[17][18]。後に、「巳(へび)や已(すでに)より、己(おのれ)の方が格好良い」として、大学時代から「直己」を名乗るようになった[19][17][20][7][注 8]。, 1953年4月、国府村立府中中学校(現・豊岡市立日高東中学校)に入学[2][21]。, 1956年4月、兵庫県立豊岡高等学校に入学した[2][22]。高校1年のとき、春の学校遠足で蘇武岳(標高1,074m)に登った[23]くらいで、特に山には興味はなかった[24]。1959年3月、高校卒業[25]。, 同1959年4月、豊岡市の新日本運輸に就職した[26][2][27][注 9]。自ら希望して、就職から1か月後、東京の両国支店に転勤となった[28][29]。1960年2月、新日本運輸を退職[25]。, 1960年4月、明治大学農学部農産製造学科に入学[28][30][注 10]、山岳部に入部した[33][注 11]。それまで登山の経験も知識もなかったので、5月、新人歓迎合宿の日本アルプスの白馬岳の山行で、疲労から一番先に動けなくなり[34]、著しい屈辱を感じた[35][36][注 12][注 13]。その後、独自にトレーニングを重ね[注 14]、登山に没頭し、年120~130日間山行した[37][38]。また、ガストン・レビュファ/著『星と嵐』(近藤等/訳)[39]や、同じ兵庫県出身の加藤文太郎/著『単独行』[40][41]を読み、感銘を受けた。大学3年の冬、黒四ダムを出発し、黒部峡谷の阿曽原峠 - 北仙人尾根 - 剱岳北側の池ノ平 - 剣沢 - 真砂尾根 - 真砂岳 - 地獄谷 - 弥陀ケ原 - 千寿ケ原に達するという5日間の単独山行をした[注 15][39][42][注 16]。大学4年のとき、サブリーダーとなった[38][注 17]。山岳部の同期であり、親友の小林正尚[45]から、アラスカ旅行でマッキンリー(現・デナリ)の氷河を歩いてきたとの話を聞き、海外の山に憧憬を募らせるようになった[46][47][48]。なお、学費は長兄の植村修[注 18]が仕送りしていた[51]。, 大学卒業後に台湾の新高山(現・玉山)に登りたい[52][53][注 19]と思い、ビザを申請するが許可されず[注 20]、断念した[55][53]。, 1964年3月、明治大学農学部卒業[56]。同年4月、明治大学法学部に入学[56][注 21]。, 1964年、23歳のときに、ヨーロッパアルプスの氷河を見ようと決心した[58]が資金が足りないため、まず生活水準が高いアメリカで資金を貯めて[注 22]、その後ヨーロッパに行こうと考え[58]、家族の大反対を押し切って[注 23]、5月2日、横浜港から移民船「あるぜんちな丸」に乗り込み、ロサンゼルスへ向かった[61][62]。片道の船賃は長兄の植村修が援助してくれた[9][63]が、所持金は、とび職などのアルバイトで貯めた[64]、110ドル(当時・約4万円)と日本円3,500円であった[65]。, ロサンゼルス到着[注 24]後、フレズノ近くのパレアの農場で、ぶどう摘みなどの仕事をした[67][68]が、観光ビザしか持っていなかったので、同年9月末に不法就労で移民局に捕まった[69][注 25][65]。強制送還は免れたが、国外退去処分となったため、10月22日、ニューヨークから船に乗り、フランスのル・アーブルへ向かった[68]。, 同1964年10月末、シャモニーに入った[73]。11月10日、ヨーロッパ最高峰のモンブラン(標高4,807m[注 26])単独登頂に挑戦した[74]。3日目、ボッソン氷河のヒドゥン・クレバス[注 27]に落ち、クレバスの底までの落下は避けられた[注 28][65]が、怖くなって撤退した[75]。, 同年の末、スイスとの国境近くのモルジヌで、1960年スコーバレーオリンピックの男子滑降の金メダリストであるジャン・ヴュアルネが経営するアボリアス・スキー場に就職した[注 29][68]。ここで資金を稼ぎながら登山活動の拠点とした[77][78][79]。, 1965年、明治大学山岳部のゴジュンバ・カン(チョ・オユーII峰)(標高7,646m)登山隊[注 30](登山隊長・高橋進 以下7人[81][注 31])に途中参加する[注 32]ため、同年2月19日、ネパールのカトマンズに入った[84][注 33]。3月31日、ベースキャンプを設営した[87]。4月23日、シェルパのペンバ・テンジンとともに世界初の登頂を果たした[88][89]。しかし、遠征の計画や準備段階での苦労もしていない自分が登頂し、また、日本の新聞に自分だけが大きく掲載されたのを見て、他の隊員に対して申し訳ないという気持ちになり[注 34]、隊長・高橋から一緒に日本に帰国しようと言われたが、それを断った[91][92]。, その後、インドのボンベイ(現・ムンバイ)からフランスのマルセイユ行きの貨客船に乗り[93][94]、再びモルジヌに戻るが、黄疸(おうだん)にかかり1か月の入院生活をした[95][注 35][注 36]。, 1966年7月、モンブラン単独登頂に成功[101][102][注 37]、続いて7月25日、マッターホルン(標高4,478m)単独登頂[注 38]に成功した[103][97]。, 同年9月23日、マルセイユから、ケニアのモンバサ行きの船に乗り、アフリカ山行に向かった[104][97][注 39]。, 同年10月16日、ケニア山レナナ峰(標高4,985m)に登頂し[106][注 40][注 41]、10月24日、アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ(標高5,895m)単独登頂に成功した[110][97][注 42]。10月29日、モンバサから船に乗り、モルジヌに戻った[113][97]。, 1967年8月、グリーンランド単独横断を夢見て[114]、西海岸のヤコブスハウン氷河を半月間、視察した[115][116][117][118][注 43][注 44]。, 同年12月、モルジヌを去り[120]、12月22日、スペインのバルセロナから南アメリカ行きの船に乗った[121][注 45]。1968年1月7日、アルゼンチンのブエノスアイレスに着いた[123][124]。, 同1968年1月19日、アンデス山脈のエル・プラタ(標高6,503m)に登頂[125][120][注 46]、2月5日、南アメリカ大陸最高峰のアコンカグア(標高6,960m[注 47])単独登頂に成功した[127][128][120][注 48]。2月15日、無名峰(標高5,700m)に初登頂し、母校である明治大学の名前に因んで「明治峰(ピッコ・デ・メイジ)」と命名した[131][120]。, その後、ボリビアを経てペルーのリマに行き[注 49]、さらにバスと船を乗り継いで、同1968年4月、イキトスに入った[134]。ここで、北アメリカ行きの船が出る河口までアマゾン川を源流から自力で下ろうと決心した[132][注 50]。同年4月20日、ペルーのユリマグアスを出発[136][137]、単独で6,000km[注 51]の距離を筏(いかだ)[注 52]で流れ下り[145][注 53]、6月20日、ブラジルのマカパに到着した[146][137]。同地で、明治大学山岳部の同期であり、親友の小林正尚の交通事故死[注 54]を知り、ショックを受けた[148][149][150]。, その後、北アメリカ最高峰のマッキンリー(現・デナリ)(標高6,194m[注 55])登頂を目指して、カリフォルニアの農場で2か月間[注 56]働いて山行資金を稼ぎ[153]、アラスカに入るが、単独登頂の許可が下りず[注 57]、断念した[153]。同1968年9月14日、サンフォード(標高4,940m)に登頂した[151][155]。, 同1968年10月1日、4年5か月ぶりに日本に帰国した[156][151][157]。日本への航空運賃は、長兄の植村修が負担した[158][157]。植村、27歳。, 帰国後、地下鉄工事の仕事をした[159][注 58]。この頃の“夢”は、アコンカグアの冬期単独登頂と、筏(いかだ)下りをしたアマゾン川をモーター付きのゴムボートで河口から源流へ遡上することだった[160][161]。, 1969年、日本山岳会が創立65周年事業として、世界最高峰のエベレスト(標高8,848m[注 59])登山隊の派遣を決定し、同年4月、明治大学山岳部の先輩である大塚博美[注 60]に誘われ、これに参加することにした[163]。第1次偵察隊[注 61](隊長・藤田佳宏[注 62] 以下、植村を含めて4人[166])に参加し、同年4月23日に日本を発ち[167]、同年5月、標高6,300mの南壁基部まで試登し[155]、6月21日、帰国した[168]。続いて、第2次偵察隊(隊長・宮下秀樹 以下、植村を含めて8人。ほか報道4人[169])にも参加し、8月20日、日本を発ち[170]、9月13日、ベースキャンプを設営[171]、10月31日、小西政継とともに南壁の標高8,000m地点まで到達した[172][155]。その後、偵察隊が11月7日にベースキャンプを撤収し[173][174]、帰国した後もネパールのクムジュン(標高3,800m)に滞在し[注 63][注 64]、翌年の本隊のための物資調達やシェルパらの予約をしつつ、高度順化や高所トレーニング[注 65]を行った[183][155]。, 1970年2月、日本山岳会エベレスト登山隊の本隊(総隊長・松方三郎、登攀隊長・大塚博美 以下39人[184])をカトマンズで迎え入れた[184][155]。3月23日、ベースキャンプに入った[185]。植村は、自己分担金[注 66]を用意できなかった[186]ため、荷揚げ、ルート工作要員としての参加であった[要出典]が、抜群の体力などが認められ、5月3日、松浦輝夫とともに東南稜ルートの第1次アタック隊に指名され[187][188]、5月11日午前9時10分、エベレストの登頂に成功した[6][189][190][191]。日本人として初めてのことであった[192]。なお、隊として主目標であった南壁からの初登頂は、標高8,050m地点で断念された[185][193]。, 同1970年7月30日、日本を出発し[194][195]、同日、アラスカに入り[195]、エベレスト登頂の勢いを借りて[注 67]、再びマッキンリー(現・デナリ)に挑戦した[注 68]。8月17日、軽飛行機でカヒルトナ氷河に入り[200][201]、8月19日、ベースキャンプ(標高2,135m)を出発[202][203]、8月26日、単独登頂に成功した[204][205]。この時点で、世界初の五大陸最高峰登頂者となった[注 69][206][207]。植村、29歳。, この頃から、犬ぞりで南極大陸を単独で横断することを夢見るようになり[注 70][210][211][212](併せて、後年には、南極大陸最高峰のビンソン・マシフ(標高5,140m[注 71])に単独登頂することも夢見るようになる[213][211])、南極関係の資料を集め始めた[214][215]。, 1970年12月21日、次に控えているエベレスト国際隊参加のためのトレーニングとして、小西政継らの山学同志会隊に加わり、冬期のグランド・ジョラス北壁に挑戦した[216][注 72]。登攀中、ヨーロッパとしては20年ぶり[注 73]の大寒波に襲われ[219]、6人中4人の隊員は凍傷にかかり手足の指を失うことになったが、植村と高久幸雄の2人は無傷で、翌1971年1月1日、完登し、ウォーカー峰(標高4,208m)に到達した[220]。, 同1971年2月、BBCが主催し、アメリカ人のノーマン・ディレンファース隊長が率いるエベレスト国際隊[注 74]に伊藤礼造[注 75][注 76]とともに参加した。ネパール側南壁を“征服”して[225]植村にとって2度目となるエベレスト登頂を目指すが、4月15日、インド人のハッシュ・バフグナ隊員の遭難死[226][注 77]の後、各国からの代表を寄せ集めた国際隊は互いの利害関係が徐々に表面化、隊は“空中分解”した。なおも強硬に[228]先頭を登るイギリス人の隊員2人のために、植村と伊藤の2人だけが酸素ボンベ無しで標高8,230mの第6キャンプまで荷揚げした[229][注 78]が、5月21日、標高8,300m地点で登頂は断念され、失敗に終わった[229][231][232][注 79]。植村、30歳。, 同1971年、南極横断距離3,000kmを体感するため、同距離[注 81]となる北海道・稚内市から九州・鹿児島までの日本列島縦断を徒歩52日間で実現した[注 82][注 83]。8月30日、宗谷岬を出発[237][注 84][注 85]、日本海側を通り、10月20日、国鉄(現・JR)・西鹿児島駅(現・鹿児島中央駅)に到着した[236][239]。, 同1971年12月30日、アルゼンチンのブエノスアイレスから同国の南端のウシュアイアに入った[240]。1972年1月5日、砕氷船「サンマルティン号」で同地を出航し[241]、同年1月14日、南極にある、アルゼンチンのヘネラル・ベルグラーノ基地に入り[242][243]、軍用ヘリコプターで数十km内陸まで飛行するなどの偵察した[244][245][246][247][注 86]。1月18日、同基地を離れた[249][250]。その他、数か所のアルゼンチン南極基地に立ち寄り、2月2日、ウシュアイアに帰港、下船した[251]。, 一方、南極大陸横断のもう片方のマクマード基地を管轄しているアメリカ国立科学財団からは、「南極条約により個人的探検は認められない」と拒否された[244][252][注 87]。, 同年2月、アコンカグアの未登攀ルートであった南壁に挑戦する[注 88][255]が、落石が多く、断念した[256][245][注 89]。, 同年4月11日、グリーンランドのエスキモー集落で犬ぞりの操縦を教わり、また極地の気候に身体を順化させることを目的として[257]、日本を発った[258]。, 同年9月11日、グリーンランド最北の村シオラパルクで、エスキモーと共同生活を始めた[注 90][260][245][注 91]。植村、31歳。, 1973年2月4日、犬ぞりでグリーンランド3,000km[注 92][注 93]の単独行に出発[263][264][255]、同年4月30日、成功した[265][264][255]。, 同年6月26日、シオラパルクを去り[266][245]、同年7月、帰国した[255]。, この頃、東京都板橋区の住居の近くで、野崎公子と出会った[264][267][268][269][注 95]。, 1974年3月6日、長兄・植村修、三兄・武夫とともに野崎家に結納に行った[272]。, 同年3月8日、明治大学山岳部OB「炉辺会」のヒマラヤ遠征偵察隊[注 96]の隊長として、ネパールのダウラギリV峰の偵察に出発し[274][273]、5月12日、帰国した[274][275]。, 同年5月18日、33歳のときに、野崎公子と結婚した[276][277][注 97][注 100]。, この頃、グリーンランド一周犬ぞり旅行を計画するが、目当てのスポンサーから「探検価値として弱い」と言われ、断念した[282]。, 同年11月22日、日本を発ち[283][284]、12月11日、グリーンランドのヤコブスハウンに入った[285]。同年12月29日、北極圏12,000kmの犬ぞり単独行を目指し、グリーンランド西部の村ケケッタを出発した[注 101][287][288]。1975年6月12日、カナダのケンブリッジベイに到着[289][290]、アンダーソンベイで越夏した[290]。同年12月15日、同地を出発[291][290]、1976年5月8日、ゴールであるアラスカのコツビューに到着した[292][293]。1年半の長い旅であった[注 102]。植村、35歳。, その後、ベーリング海峡を渡り、シベリアの北極海沿岸からヨーロッパまで犬ぞりで走るという北極海一周を夢見るが、ソ連の許可を得るのが困難であるため断念した[295]。, 1976年7月31日、ロシアの エルブルス(標高5,642m)に登頂した[296][297][注 103]。, 1977年3月21日、北極点犬ぞり単独行のための視察にカナダのレゾリュートを訪れ、20日間滞在した[298]。また、同年9月にも7日間の旅行でレゾリュートを再訪した[298]。, 北極点・グリーンランド犬ぞり単独行のために必要な資金がスポンサー3社[注 104]だけでは賄えず、広告代理店[注 105]が加わり、全国的に「一口千円募金」の宣伝もされた[301][300]。, 1978年1月30日、世界初の犬ぞりによる単独での北極点到達に挑戦する[注 106]ため、日本を出発した[303][304]。同年2月22日、カナダのエルズミア島のアラートに入った[305]。3月5日、カナダ最北のコロンビア岬[注 107]を出発し[307][306][注 108]、約800km[注 109]の犬ぞり単独行のすえ、4月29日、北極点到達に成功した[311][312][注 110][注 111][注 112]。なお、植村が北極点に到達する前日の4月28日、日本大学北極点遠征隊[注 113](隊長・池田錦重[318])の隊員5人が犬ぞりで日本人として初めて北極点に到達していた[319][320]。植村と日本大学が、同時期に同じ犬ぞりで北極点到達を目指したことから、世間は、“どちらが先に北極点に着くか”と注目した[318][注 114]。また、日本人として初めて『ナショナルジオグラフィック』の表紙を飾った[注 115][323]。植村、37歳。, 同年、犬ぞりによる単独でのグリーンランド縦断にも成功した[注 116][注 117]。5月12日、「モーリス・ジェサップ岬」を出発[328][308]、7月12日、内陸氷床の最高地点(標高3,240m)を経て[329][330]、8月22日、グリーンランド南端のヌナタック(岩峰)に到着した[注 118][331][308]。このグリーンランド縦断では、そりにヨットのような帆を張り、犬の負担を軽減するのに効果を上げた[332][注 119]。, 同年8月30日、アメリカ・ワシントンのスミソニアン博物館で“凱旋”記者会見が行われた[334][注 120]。, 帰国後、10月から翌年3月までの半年にわたって、北極点とグリーンランドの冒険に要した約2億円の支出[336]のうち約7千万円の赤字[337]を埋めるために、講演[注 121]とイベント参加[注 122]を全国的に数多く行った[340][341][注 123]。, 同年10月9日、第26回菊池寛賞の受賞が決定された[342]。授賞理由は、「犬ぞりによる単独北極点到達とグリーンランド縦断…日本青年の声価を内外に高めた二大冒険」に対してである[342]。, 1979年2月22日、イギリスのビクトリア・スポーツ・クラブからスポーツの分野で最も勇気を発揮した人に贈られる「バラー・イン・スポーツ賞」を受賞した[343][344]。授賞理由は、「北極の荒涼とした地での単独の行為などで見せた類(たぐい)まれな勇気」に対してであり、「常に第一歩を行うものであり、孤独の道の発見者であった」ためである[343][345]。授賞式は、同日、イギリスのギルドホールで行われ、55,000ポンド(2,200万円)相当の黄金の月桂冠を頭に被せられた[344][注 124]。植村、38歳。, 同1979年6月6日、中国政府に招待されて、チベットのラサに入った[347][348][349]。, 同年8月、アメリカ国立科学財団から、「植村の南極での計画にアメリカ合衆国は協力できない」との最終回答があった[350]。, 同年12月、ネパールのカラタパール(標高5,400m)に入り、約1か月間、冬期エベレストを偵察した[351][352][348][353]。, 1980年、エベレストの冬期登頂を構想するが、単独での登頂は困難と考え[354]、明治大学山岳部OBを主力とした「日本冬期エベレスト隊」を編成し、植村が隊長となった[348]。, 同年2月18日、エレベスト冬期初登頂にポーランド隊が成功し[注 125]、植村は先を越された。, 同年4月下旬から約3週間、冬期エベレスト山行の準備のため、ネパールに滞在した[356][注 126]。, 冬期エベレストのトレーニングとして、冬期のアコンカグア(南アメリカ最高峰)に挑戦するため、同年7月11日、日本を発った[357][注 127]。8月5日、ベースキャンプに入り[357]、8月13日、松田研一、阿久津悦夫とともに、第2登に成功した[348][359]。しかし、計画していた頂上でのビバーク訓練は断念した[360]。植村、39歳。, 同年10月30日、エベレスト冬期登頂を目指して、日本を出発した[361]。ポーランド隊に先に冬期登頂されたことにより、植村の隊は登攀以外に学術的な性格も併せ持つこととなった(登攀隊員6人[注 128]、学術5人[注 129]、報道6人)[363][364][注 130]。12月1日、ベースキャンプから登攀を開始した[348]。しかし、翌1981年1月12日、標高7,100m地点で登攀隊員の竹中昇が死亡し[注 131]、また悪天候に阻まれ[注 132]、同年1月27日、登頂を断念した[371][348][372]。同年2月14日、帰国した[348]。植村、40歳。, 同1981年、南極大陸3,000km犬ぞり単独行と南極大陸最高峰のビンソン・マシフ単独登頂の計画について、アルゼンチン軍の協力が得られることとなった。ただし、3,000km犬ぞり単独行については、アメリカの協力が得られないため南極大陸横断は不可能となったことから、ビンソン・マシフまでの往復での3,000kmとなった[373]。, 同年12月、テレビと雑誌の取材のため、アルゼンチンを訪問し、南極のマランビ基地に7日間滞在した[361]。, 1982年1月24日、南極3,000km犬ぞり単独行とビンソン・マシフ単独登頂に挑戦するため、日本を出発した[374][375]。同年2月10日、アルゼンチン最南端の港であるウシュアイアから砕氷船「イリサール」で出港し[376]、2月13日、南極半島にある同軍のサンマルチン基地に到着した[374][377]。同基地で待機し出発を待つが、3月19日にフォークランド紛争が勃発し、同年12月22日、軍が協力を撤回した[注 133]ため断念した[374][380]。1983年3月16日、約1年間の南極生活を終えて帰国した[381]。植村、42歳。, この頃、植村は、南極大陸横断を達成した後の夢として、野外学校を設立する構想を口にするようになる[382][383]。, 1983年8月、野外学校を開設するための適地を求めて、北海道帯広市を視察した[384][385]。同年10月20日、日本を出発し[386][注 134]、10月24日、ミネソタ州にある野外学校『アウトワード・バウンド・スクール(OBS)』に参加した[382][388][注 135]。1984年1月16日、ミネソタを発った[382]。, 同1984年1月18日、シカゴでアメリカ企業のデュポンの社員と会談した[390][391][392]。植村の南極計画[注 136]への支援についてだと思われる[390][392]。, そのついでに[要検証 – ノート]、マッキンリー山冬期単独登頂を目指すため、同年1月21日、アラスカのアンカレッジに入り[382][394]、1月24日、タルキートナに入った[394][注 137]。1月26日、軽飛行機でマッキンリーのカヒルトナ氷河に降り立った[396][397]。2月1日、ベースキャンプ(標高2,200m)から登攀を開始した[398][399]。一部の記者のみがその様子を取材した[注 138]。, 同1984年2月12日午後6時50分[注 139]、世界初のマッキンリー冬期単独登頂を果たした[404]。この日は、ちょうど植村の43歳の誕生日であった。しかし、翌2月13日午前11時に行われた軽飛行機[注 140]との、登頂に成功したこと、現在位置が20,000フィート[注 141](6,096m)であることを伝える無線交信[注 142]を最後に連絡が取れなくなり、消息不明となった[408][388]。2月15日、軽飛行機[注 143]が標高2,900mの氷河上に、植村がクレバスへの転落防止に使用した竹竿があるのを発見した[409][410]が、ベースキャンプや登山ルートに植村の姿は発見できなかった[409][410]。最後の交信から3日後の2月16日、軽飛行機のパイロット[注 144]が、標高4,900m地点の雪洞で植村と思われる人物が手を振っているのを視認した[411][注 145][注 146]。デナリ国立公園管理事務所は、軽飛行機2機、高度5,000mまで飛行できるヘリコプター[注 147]1機で広範囲の捜索を展開した[418][419]。2月20日、同公園管理事務所による捜索活動に参加していた2人の登山家[注 148]が標高4,200m地点の雪洞で、植村の日記[注 149]、カメラ、フィルムなどを発見した[422]。また、2月25日、標高4,900m地点の雪洞[注 150]でも植村の所有物を発見したが、植村本人は発見できなかった[注 151][422]。2月26日、デナリ国立公園管理事務所は、「植村の生存の可能性は100%ない[424]」として捜索を打ち切った[424]。その後、明治大学山岳部OB「炉辺会(ろばたかい)」によって捜索が行われた[425][注 152]が、植村は発見できず、3月6日、標高5,200m地点の雪洞に残された植村の装備を発見する[427][428]に留まった(標高5,200m地点から山頂までの間は捜索できなかった。)。3月8日、炉辺会による捜索も打ち切られた[429][430]。, 4月下旬から5月にかけて、明治大学山岳部OB「炉辺会」によって再度、マッキンリー山での捜索が行われた[431][注 154]。前回捜索できなかった標高5,200mから山頂までを中心に捜索が行われ、植村が山頂に立てた「日の丸」の旗[注 155]を回収した[436][437][438][注 156][注 157]が、植村は発見できなかった[注 158]。, なお、植村が消息を絶ったというニュースが報じられたところ、多数の人から植村の捜索費に充ててほしいとの義援金の申し出が明治大学山岳部OB「炉辺会」に寄せられたことから、その受け皿として、1984年3月1日、『植村直己の会』が設立され、明治大学体育課がその受付窓口となった[443][444]。同年12月25日までに、3,116件、約2,950万円の義援金が寄せられた[445]。, 1984年4月19日、国民栄誉賞を受賞した[446][447][388]。功績名は「世界五大陸最高峰登頂などの功[448][注 159]」である。, 同年6月16日、『植村直己に別れを告げる会』が東京の青山斎場で執り行われた[450][451][452]。祭壇には、笑顔の植村の写真[注 160]と、マッキンリー(現・デナリ)山頂で回収された日の丸の旗や愛用のピッケルなどが飾られた[451][452][注 161]。, 同日、デンマーク政府が、1978年のグリーンランド縦断の際の到達点であったヌナタック峰(標高2,540m)[注 162]を、史上初のグリーンランド縦断という植村の業績を後世に残すために「ヌナタック・ウエムラ峰」と改称すると発表した[注 163][455][456][452][注 164]。, 同年8月、故郷である日高町(現・豊岡市)から名誉町民の称号が贈呈された[5][注 165]。, 同年9月20日、グリーンランド縦断犬ぞり単独行のゴール近くのナルサスワックで、植村の功績を伝えるレリーフの除幕式が行われた[460][注 166]。, 同年12月、アラスカ州裁判所の公聴会において、植村直己の死亡が公式に認定された[463]。, 1985年1月、板橋区役所で植村直己の死亡届が受理された[注 167][4][5]。, 同1985年8月、植村が構想していた野外学校が、有志によって『植村直己・帯広野外学校』(北海道帯広市)として開校された[464]。植村の妻・公子が名誉校長となった[384]。, 1992年、東京都板橋区に『植村記念財団』(事業主体・板橋区)が設立され、『植村冒険館』が開館した[465][466]。, 1994年4月10日、故郷である兵庫県豊岡市日高町に、日高町立(現・豊岡市立)の『植村直己冒険館』が開館した[467][466]。, 2011年5月、パーク・レンジャーにマッキンリー(現・デナリ)山中で遺体を発見したとの通報があり[注 168]、付近一帯の捜索が行われたが、発見されなかった[468]。, 単独行に傾倒した以降[いつ?

ゆる キャン ドラマ ブルーレイ 5, レコードプレーヤー ノイズ 原因 7, Ykk Ap 株価 4, Excel この名前は既に使用 され てい ます 別の名前を入力してく% 9, トヨタ 役員報酬 2020 11, 上白石萌音 ピアノ 実力 11, Fortigate Ipsec Vpn 繋がらない 8, Vuejs Sticky Table Header 17, マイクラ 弓 連射 Mod 7, 仕事 自己分析 チェックシート 4, 応答せよ 1994 名言 12, 28歳 年収 中央値 14, クボタ 田植機 Jc4 4, Ek9 プラグ 熱価 5, 時事問題 2019 ラグビー 4, Visual Studio Ctrl + D 9, サッカー 中学生 体作り 5, Dbd Switch 操作方法 20, 枠組足場 45m 以上 補強 7, Fn2 空気圧 リセット 10, Elecom Jc Ps102usv Windows10 25, March 日本史 世界史 5, Pdf 注釈 表示順序 4, 酢 鶏 糖 質 4, ピカブイ Goパーク 厳選 4, アクアイグニス 朝食 和食 7, Mgs5 サイドオプス 全 クリア 20, Acer Bios アップデート手順 4, Gear S3 Qi充電 9, ミサンガ 作り方 簡単 3本 V 24, 米袋 30kg 収納 6, コーナン 表札 持ち込み 9, 17 ライブ 事務所 4, Tkinter Canvas 消す 17, クレステッドゲッコー 床 材 5, Icloud アプリ 個別 復元 7, カカオトーク アカウントを 探す 11, キリンレモン Cm 歴代 9, 小学生 夜泣き 発達障害 27, Mx Player Pc版 6, Music Fm Mp3保存 10, ファイテンパワーテープ 効果 時間 9, 歴史 語呂合わせ プリント 10, Discord サーバー ミュート 4, 窓枠 Diy セリア 15, R56 アイドリング 振動 4, Esprimo D581/ D 分解 9, 里 崎 智也 2億 4, 2ds Lrボタン 修理 5, タモリ 自宅 田園調布 22, ゾゾタウン 購入履歴 過去 4, Fcpxml To Xml 15, Cisco Webex 文字化け 9, ドラクエ 7 Obb 13, ポケモンgo 追い出し 通報 4, 古い Ipad バッテリー 5, Dlss Division 2 12, Lumafusion Lut Format 4, Htc U11 Hdmi出力 4, ポルシェ エンジンオイル 交換時期 4, Gratina Kyy06 Sim 8, 花 歌詞 沖縄 10, 婚活 デート 3回目 告白 4, インスタ いいね ランキング 自分 18, Zoom背景 無料 シンプル 9, 食べ物 と 健康 Sgs 9, ファルケン ジークス Ze914f 価格 7, 鬼滅の刃 進撃の巨人 パクリ 6,