深夜電力 安い 電力会社 4

google_ad_client = "pub-9511026992482693"; Copyright© 2020 新電力比較サイト All Rights Reserved. u–³—¿ƒŒƒ|[ƒgy‘¾—zŒõ”­“d‚ƃI[ƒ‹“d‰»@5”NŠÔ‚Ì‹L˜^zv‚ց@‘±‚­. 九州電力より安い電気料金を提供している新電力を探してみました。電力自由化以降、九州電力エリアにも様々な新電力が登場しました。九州電力から新電力に乗り換えてもokなのか?そんな疑問に答えつつ、九州電力よりお得な電力会社・電気料金プランをチェックしていきます。 “夜中に電気を使うと料金が安くなる!”という話はよく聞きますし、“深夜の安い電力を使って・・・”というフレーズもよく見かけます。それなら、“電気はできるだけ夜中に使ったほうがお得!”ということになりますが、本当にそうでしょうか? 今回はそんな深夜電力についてのお話です。, 一日を通した電力使用量は、朝から日中に向けて増えていき、夜から朝に向けて少なくなっていきます。電力会社は、日中のピークの時間帯でもしっかりと電力を供給できる発電設備を備えているため、使用量が少なくなる深夜では発電能力に余剰があります。電力会社では、発電量をできる限り一定に保ちたいという思いもあり、需要の少ない深夜時間帯の電気を安くすることで需要を伸ばそうと工夫しているわけです。なお、電力会社によって深夜料金の対象となる時間帯は異なりますが、23時から翌朝7時(または8時)というのが一般的です。, 「日中は仕事だから電気は夜しか使わない。深夜電力を使って電気料金を安くする方法はないの?」という疑問はごもっとも。そんな方のために、時間帯別に料金が違うプランが用意されています。プラン内容や名称は電力会社によって異なりますが、一日を昼と夜の2つや3つ(昼間・朝晩・夜間)の時間帯に分けて、それぞれに異なる料金単価を設定しています。たとえば、東京電力の夜得プランでは、5時から21時までの昼間時間と21時から翌朝5時までの夜間時間によって電力量料金(1kWhあたりの料金単価)が異なります。夜間の電力量料金は12円48銭と従量電灯(最初の120kWhまで19円43銭)よりも安くなっています。仕事が遅く夜型の生活という方なら、電気料金が安くなる可能性があります。ただし、逆に昼間の料金が最初の90kWhまで24円03銭と従量電灯よりも高く、また基本料金が6kVA(60Aに相当)以下の場合、1,296円と従量電灯の40A(1,123円20銭)よりも高くなっていることも考えて選ぶ必要があります。, プラン名:おトクなナイト8・10特長:おトクなナイト8では電力量料金が安い夜間料金を23時から翌朝7時までの8時間に、おトクなナイト10では22時から翌朝8時に設定。ほぼ夜間しか自宅にいないというライフスタイルの方に向いています。, 昼間時間:1kWhあたり31円75銭(34円56銭)夜間時間:1kWhあたり12円16銭(12円41銭), 注:昼間料金は第2段階料金のもので、90kWhまで(80kWhまで)の第1段階料金は23円81銭(25円92銭)、90kWhを超えて230kWhまで(80kWhを超えて200kWhまで)の第2段階料金は31円75銭(34円56銭)、230kWh(200kWh)を超えた第3段階料金は36円68銭(39円92銭)です。なお()内の数値は「おトクなナイト10」の場合です, 下記表は、「おトクなナイト8」、「おトクなナイト10」と一日均一の料金設定がされている「従量電灯B」の電気料金を時間帯別にまとめました。, プラン名:Eライフプラン(3時間帯別電灯)特長:平日の時間帯を昼間時間(デイタイム)を9時から17時、朝晩時間(@ホームタイム)を7時から9時と17時から23時、夜間時間(ナイトタイム)を23時から翌朝7時の3つの時間帯に細分化。それぞれの時間帯ごとで料金が異なります。なお、平日以外の日は、昼間時間(デイタイム・ホームタイム)を7時〜23時と夜間時間(ナイトタイム)を23時〜翌7時の2つの時間帯に分かれます。昼間時間の料金は、平日の朝晩時間(@ホームタイム)と同じです。夜間時間(ナイトタイム)は平日・休日ともに同じ料金となります。, 平日・昼間時間:1kWhあたり35円61銭平日・朝晩時間、休日・昼間時間:1kWhあたり25円43銭平日・休日・夜間時間:1kWhあたり13円45銭, 下記表は、「Eライフプラン(3時間帯別電灯)」と一日均一の料金設定がされている「従量電灯B」の電気料金を時間帯別にまとめました。, プラン名:時間帯別電灯特長:昼間時間(7時から23時まで)と夜間時間(23時から翌朝7時まで)の2の時間帯で電気料金が異なるプランです。夜間は割安に、昼間は割高になるので、夜間の使用量の割合が多いほど電気料金はお安くなります。, 注:昼間時間の料金は第2段階料金のもので、90kWhまでの第1段階料金は22円72銭、90kWhを超えて230kWhまでの第2段階料金は29円67銭、230kWhを超えた第3段階料金は33円91銭です, 下記表は、「時間帯別電灯」と一日均一の料金設定がされている「従量電灯B」の電気料金を時間帯別にまとめました。, それぞれの電力会社が今回ご紹介したような、深夜や夜間に安い電気料金を使ったプランを提供していますし、バリエーションも1つだけではありません。夜間にお湯をためる(熱をためる)電気温水器などを使用している場合は、迷わず深夜や夜間の安い電気を使えるプランを申し込むべきですが、それ以外の場合は、良く考えて決断してください。というのは、料金プランを変更すると原則として1年間は再度の変更ができません。自宅で使っている電気機器、日中と毎月の電力使用量や契約アンペア数、さらにライフスタイルを考えて契約プランを検討しましょう。, 最新の節約術は、電力会社を切り替えることです。2016年4月の電力自由化によって、一般家庭で自由に電力会社を選択できるようになりました。電力自由化とは?, 無料で利用できる電気料金プランのシミュレーションを使って、電気代がいくら節約できるのか確認してみましょう。コツコツ節約するよりも、プランを見直すだけで大きく節約できるかもしれません。シミュレーションを利用する際は、ご自宅に届いている検針票をお手元にご用意ください。, Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved.