nttデータ ai 事例 4

nttデータは2019年6月12日、阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行の地方4銀行による包括提携「四国アライアンス」と共同で、ビジネスマッチング事業におけるai活用実証実験を開始した。マッチング品質の標準化などを図り、ビジネス交流活性化を支援する。 AI × 活用例 Copyright ©2020 Impress Corporation. 2022年3月までにai coeを含む4つのcoeの技術者を現在の約1000人から5000人へと5倍に増やす。 ai coeはグローバルでデジタル事業をけん引する役割を担う。設立時はnttデータとスペインの子会社のエヴェリスにいる約130人のai人材で構成する。 Copyright © Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 株式会社nttデータの税務業務支援ソフト「達人」の紹介・販売サイトです。電子申告機能、会計・給与ソフトとのデータ連動機能、ネットワーク環境への対応など、豊富な機能が自慢の「達人」は、会計事務所および一般企業の税務業務を強力に支援いたします。 AIセミナー・イベント 機械学習とは AI × SEO NTTデータは2019年6月12日、阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行の地方4銀行による包括提携「四国アライアンス」と共同で、ビジネスマッチング事業におけるAI活用実証実験を開始した。マッチング品質の標準化などを図り、ビジネス交流活性化を支援する。NTTデータは実証実験の終了後、結果を基にサービスを改善し、2019年度下期中を目標に、ビジネスマッチングAI支援サービスの実運用を目指す。, 実証実験では、4銀行が担当する各顧客の企業情報と経営課題に沿った要望をデータベースに集約し、AIを活用して効率的に結び付ける(図1)。このための基盤を構築した。マッチング候補となる企業を選定するとともに、商談の状況と結果を管理する。, 四国4県の銀行は、それぞれの顧客のニーズを結び付けるビジネスマッチング事業を進めている。しかし、マッチングの選定には経験やスキルが必要となり、人的負担が発生していた。, 一方のNTTデータは、2017年からAI技術を用いたビジネスマッチングAI支援サービスの技術検証を行っており、実用化に向けた検討を進めてきた。, 今回、四国4県とNTTデータは、AIを活用してマッチング候補を選定する実証実験に着手した。実証実験は、2019年6月12日から2019年8月30日にかけて実施する。検証データは、約2800件(4銀行合計)の顧客ニーズであり、マッチング候補企業数は、合計で約4万社。, 顧客ニーズに合ったマッチング候補の選定の精度を、以下の3つの観点で検証する。顧客ニーズに含まれる「用語」や「文」をAIが解析し、マッチング候補を最適順にランキングする。, AIが選定したマッチング候補一覧を、4銀行の担当者が確認する。顧客企業に紹介可能と判断した候補件数やランキング順位から、AIの精度を評価する。また、AI精度が高いと評価した事例に基づき、顧客ニーズ、企業情報のデータ登録内容、記載粒度などを分析する。, NTTデータ / 阿波銀行 / 百十四銀行 / 伊予銀行 / 四国銀行 / 金融 / 銀行, パナソニックSSJ、自社オフィス13拠点・1万5000人を対象に顔認証による入退管理を開始, OKIアイディエス、FPGAでAI処理を高速化するサービスを提供、仏Mipsologyと提携, 東京医科歯科大と富士通研究所、「富岳」を使ってがんの遺伝子ネットワーク分析を1日で完了, ローコード開発の先駆者 Wagbyが示す2つの進化系、2021年初頭に登場するWagby R9とWagby 10の姿が明らかに, コロナ禍で露呈したグローバル・サプライチェーンの弱み、「一気通貫のリアルタイム可視化」こそが課題を根底から一掃する, 基幹系と情報系をひとまとめにするDX/AI時代の新機軸、あらゆるデータを一枚岩で高速処理するIRISの真価, ローコード開発プラットフォームへ着々と進化intra-mart Accel Platformが実現する攻めのIT, DXの“稜線”まで二人三脚で汗を流す──「Ridgelinez」に込められた心と、新たな未来予測まで包含したアプローチとは, 永遠の課題である“業務生産性の向上”を、業務可視化×プロセスマイニングで実現する!, 変革サイクルを回す!――マーケットリーダーCelonisが明かす、プロセスマイニングの可能性, 「2025年の崖」を乗り越えるために――VMwareがアプリケーションとインフラ向けの製品群を発表, 社内データの意味を見える化し全方位から把握! ビッグデータ活用は“メタデータマネジメント”が鍵に, プラットフォームビジネス事業者が推進する「デジタル革命」~日本企業が考えていなかった、グローバルでは当り前のデータ活用とは?, IT Leaders 会員になると会員限定公開の記事を読むことができますIT Leadersのメルマガを購読できますImpress Business Libraryもご利用いただけます。, 終了いたしました【2020/2/1 22:00】一部会員機能メンテナンスのお知らせ(2020/2/1), IT LeadersとImpress Business Libraryが会員共通化でさらに便利に!(2017/12/19), Sansanの個人向け名刺管理サービス「Eight」、“複業”パラレルワーカー対応の新機能, COVID-19治療薬開発の合弁会社「ペプチエイド」設立、富士通のデジタルアニーラを活用, 生命保険8社、マイナンバーカードで保険料控除証明書を電子交付、2020年10月から, IMD世界競争力ランキング34位─日本が抱える最大の課題は「ビジネスの効率性」:第2回, NECがAWSとコーポレートレベルで協業、AWS資格保有者を3年間で倍増させ3000人体制に, 暴露型ランサムウェアが増加、7割はリモートデスクトップ経由で侵入─マクニカネットワークス, IT Leadersは、企業の情報システム部門にご所属、または経営に携わるお客様を対象としたIT専門誌です。事業部門、研究開発部門、間接部門等にご所属のお客様でも、ご所属企業(または団体)におけるIT化を推進されるお立場の方にもお読みいただけます。, NTTデータ、四国4銀行をつなぐビジネスマッチングAIの実証実験を開始NTTデータは2019年6月12日、阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行の地方4銀行による包括提携「四国アライアンス」と共同で、ビジネスマッチング事業におけるAI活用実証実験を開始した。マッチング品質の標準化などを図り、ビジネス交流活性化を支援する。NTTデータは実証実験の終了後、結果を基にサービスを改善し、2019年度下期中を目標に、ビジネスマッチングAI支援サービスの実運用を目指す。. 機械学習開発AI企業一覧 【ntt西日本】法人向けictサービス「オフィス光ソリューション公式」。 「ntt-atのaiデータ分析」をおすすめする3つの理由 経験・実績豊富なデータサイエンティスト. All rights reserved.CIO Insight is a trademark of QuinStreet Inc. 「製品/サービス資料ダウンロードサイト「Impress Business Library」へ」, 活用事例で理解する「データカタログ」導入の真価─設計がバラバラなDB群を可視化して“有効資産”に─, 終了いたしました【2020/2/1 22:00】一部会員機能メンテナンスのお知らせ, IT LeadersとImpress Business Libraryが会員共通化でさらに便利に!. ドコモのAI×電話※1を活用し、安否確認と共に日々の生活状況のヒアリングを実施することで、能動的な高齢者みまもりシステムの構築をめざします。, ■AI×電話によるデータ蓄積の活用方法についての検討 チャットボット企業 B, 2017“~‹GƒAƒWƒAŽD–y‘å‰ï ƒS[ƒ‹ƒhƒp[ƒgƒi[, VR•GŠo‹Zp@‹ÑD‘IŽè‚̃T[ƒu‚ª–Ú‚Ì‘O‚ɁI. 大容量のデータを高速検索。豊富なAPIと迅速なサポートで、カスタマイズにも対応。Webサイト向け検索でのQuickSolutionの導入例として、NTTデータ様が提供する環境情報総合サービス「エコロジーエクスプレス」の事例をご紹介します。 データサイエンス 本協定は、ドコモと奈良県が密に連携・協力をし、AIなどを活用して奈良県がめざす地域包括ケアシステムの推進を目的とし、締結するものです。, ドコモと奈良県で連携・協力をし、AIなどを活用することで地域包括ケアシステムのより一層の推進・深化をめざします。, ■AI×電話を活用したみまもりシステム AI × 英語 AI × マーケティング NTTデータは2019年5月21日、グローバルでAIに関する知識を蓄積して専門技術者を育成する「AI CoE(Center of Excellence)」を設立すると発表した。AI知識集約、トレーニング、技術支援、アセット(知的資産)提供などの機能によって、グローバル横断でデジタルビジネスを支援する。設立時は、NTTデータと海外グループ会社のスペインeverisに在籍するAI技術者で構成する。, NTTデータは、中期経営計画(2019~2021年度)の根幹を担うグローバルデジタル戦略の活動の1つとして、グローバル横断で最先端技術の知見を蓄積する拠点であるCoEを拡充する。今回のAI CoEの立ち上げによって、CoEはBlockchain、Digital Design、DevOps、AIの4つになる。今後、2021年度末までに、CoEの活動を通し、これら4分野についてグローバルで約5000人の人材育成を目指す。さらに、今後もCoEを拡充し、他分野の先進技術についても人材を増やす。, 今回立ち上げたAI CoEでは、新しいサービスの開発、ユーザーへのサービス提供、AI技術人材の育成、イベントなどの発信を通じたAIビジョンのプレゼンス向上、といった活動を実施する。体制は、NTTデータと、スペインのグループ会社であるeverisを中心とした約130人である。今後も、各国グループ会社のAI専門技術者が参加する予定。, AI CoEを設立した背景には、2025年までに4兆円規模と言われるAI市場の成長がある。AI分野でユーザーから信頼されるグローバルパートナーとなるため、AI技術資産を集約・蓄積し、相互に活用する。これにより、グローバル横断でのデジタルビジネス拡大を支援する。AI CoE以外のCoE活動は、以下のとおりだ。, Blockchain CoEは、各国の事例やナレッジ、技術評価情報の共有、グローバル全体で新たなビジネス機会を獲得するための活動、などを実施している。グローバルも含めて50件のPoC(概念実証)を実施している。体制は、NTTデータを中心とした20カ国の約300人である。, Digital Design CoEは、NTTデータグループのUI/UXデザインと、開発におけるグローバルの方法論の整備、イタリアを中心としたデザインスタジオネットワークの拡充、といった活動を行っている。体制は、NTTデータ、イタリアのグループ会社であるNTT DATA Italyを中心とした8カ国15拠点の約300人である。, DevOps CoEは、デジタル領域における研究開発の共同実施、アジャイル/DevOpsに関するセールスとデリバリのサポート、開発基盤であるAltemista Cloudのグローバル展開、グローバルでのアジャイル人材育成などの活動を実施している。体制は、NTTデータを中心とした6カ国・地域の約300人である(関連記事:「グループの強み生かし、グローバルのトップ5を目指す」―NTTデータ本間社長)。, パナソニックSSJ、自社オフィス13拠点・1万5000人を対象に顔認証による入退管理を開始, OKIアイディエス、FPGAでAI処理を高速化するサービスを提供、仏Mipsologyと提携, 東京医科歯科大と富士通研究所、「富岳」を使ってがんの遺伝子ネットワーク分析を1日で完了, ローコード開発の先駆者 Wagbyが示す2つの進化系、2021年初頭に登場するWagby R9とWagby 10の姿が明らかに, コロナ禍で露呈したグローバル・サプライチェーンの弱み、「一気通貫のリアルタイム可視化」こそが課題を根底から一掃する, 基幹系と情報系をひとまとめにするDX/AI時代の新機軸、あらゆるデータを一枚岩で高速処理するIRISの真価, ローコード開発プラットフォームへ着々と進化intra-mart Accel Platformが実現する攻めのIT, DXの“稜線”まで二人三脚で汗を流す──「Ridgelinez」に込められた心と、新たな未来予測まで包含したアプローチとは, 永遠の課題である“業務生産性の向上”を、業務可視化×プロセスマイニングで実現する!, 変革サイクルを回す!――マーケットリーダーCelonisが明かす、プロセスマイニングの可能性, 「2025年の崖」を乗り越えるために――VMwareがアプリケーションとインフラ向けの製品群を発表, 社内データの意味を見える化し全方位から把握! ビッグデータ活用は“メタデータマネジメント”が鍵に, プラットフォームビジネス事業者が推進する「デジタル革命」~日本企業が考えていなかった、グローバルでは当り前のデータ活用とは?, IT Leaders 会員になると会員限定公開の記事を読むことができますIT Leadersのメルマガを購読できますImpress Business Libraryもご利用いただけます。, 終了いたしました【2020/2/1 22:00】一部会員機能メンテナンスのお知らせ(2020/2/1), IT LeadersとImpress Business Libraryが会員共通化でさらに便利に!(2017/12/19), Sansanの個人向け名刺管理サービス「Eight」、“複業”パラレルワーカー対応の新機能, COVID-19治療薬開発の合弁会社「ペプチエイド」設立、富士通のデジタルアニーラを活用, 生命保険8社、マイナンバーカードで保険料控除証明書を電子交付、2020年10月から, IMD世界競争力ランキング34位─日本が抱える最大の課題は「ビジネスの効率性」:第2回, NECがAWSとコーポレートレベルで協業、AWS資格保有者を3年間で倍増させ3000人体制に, 暴露型ランサムウェアが増加、7割はリモートデスクトップ経由で侵入─マクニカネットワークス, IT Leadersは、企業の情報システム部門にご所属、または経営に携わるお客様を対象としたIT専門誌です。事業部門、研究開発部門、間接部門等にご所属のお客様でも、ご所属企業(または団体)におけるIT化を推進されるお立場の方にもお読みいただけます。, NTTデータ、AI技術のグローバル集約拠点「AI CoE」を設立NTTデータは2019年5月21日、グローバルでAIに関する知識を蓄積して専門技術者を育成する「AI CoE(Center of Excellence)」を設立すると発表した。AI知識集約、トレーニング、技術支援、アセット(知的資産)提供などの機能によって、グローバル横断でデジタルビジネスを支援する。設立時は、NTTデータと海外グループ会社のスペインeverisに在籍するAI技術者で構成する。.

Csgo プロ デバイス 6, Xtz125 タイヤチューブ サイズ 10, ジェル の 後 アイロン 4, 財布の中身 カード 男 14, 吉見町 事故 今日 5, G Shock Mtg B1000vl 4ajr 価格 18, Arrows Tab Q584 H Usb 充電 5, 荒野行動 チュートリアル もう一度 5, 鮭 鯖 たんぱく質 13, Pcx ナビ 取り付け 4, 瀬名 耳鼻 科 4, Just Pdf スタンプ 透過 5, 私立中学 偏差値 2019 6, 1分間スピーチ ネタ おもしろ 4, カナリア 歌詞 ハッピーシュガーライフ 4, Mhw ダメージ表示 技 名 4, Raytrek Debut! Im 9, アメージュ Z Cwrg1 7, 新宿スワン 無料 漫画 36巻 9, バイク フロントフォーク カバー 自作 4, Power On 教科書 ガイド 6, 検尿 間違えて 前日 4, 塗料 薄める プラモ 4, 40代 お金 の勉強 14, ベガルタ ジュニアユース 掲示板 5, スラアク パンパン 属性 4, 子なし夫婦 割合 2020 38, Sh 06f リカバリーモード 4, モドーリー バンパー 割れ 5, 上岡 輔 乃 6, Vba Sql実行 Oracle 15, Unity Guid 検索 8, 老人 一人暮らし 寂しい 7,